読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モフモフのモフモフのブログ

読書の記録、日々の生活のこと書いてます

ユリシーズ(Ulysses)シンプルで上質な本革カメラストラップ のエイジング(3年後)

私が愛用しているPEN mini E-PM2のストラップはUlysses(ユリシーズ)の「クラシコ」を3年間使用しています。カメラのおしゃれ度がアップし、質感、エイジング、耐久性共に大変満足しています。

ULYSSES | 大切なカメラのために本当に欲しかったもの。

 

 3年間使用してもひび割れ、縫製のほつれ無し

下の写真を見ても分かるとおり、レンズにグルグル巻ける程にしなやかで現在も革製品特有の乾燥による表面のひび割れは見られませんし、縫製の糸のほつれも全くありません。
本当に丁寧につくられた品質の高い製品だと実感しました。

私はいつもラフに使う方なので、革製品の状態をこんなにきれいに保てるのは初めてです(笑)。

f:id:dokusyokeibudono:20170410173901j:plain
PEN mini E-PM2のストラップは「クラシコ(チョコレート)」

ミラーレス・一眼レフ対応 /本革カメラストラップ クラシコ | ULYSSES

 

f:id:dokusyokeibudono:20170411093153p:plain

f:id:dokusyokeibudono:20170411093236p:plain

f:id:dokusyokeibudono:20170411093317p:plain

ユリシーズHPより)

 

金属パーツが無いのでカメラ本体やレンズを傷つけない

ユリシーズのストラップは金属パーツを使用していないので、省スペースの為にストラップをカメラやレンズに巻きつけても傷つけることがありません。
そういった細かい点にも配慮されていることが、製品を長く安心して使うのに重要なポイントだと思いました。革がしなやかなので、レンズにぐるぐる巻きつけて曲げても革の表面に亀裂が入ったりすることはありませんでした。


基本的にメンテナンスフリー

 

 革のメンテナンスについてユリシーズのHPには、

イタリア製バケッタレザーの場合は、オイル成分を豊富に含んでおりますので、一般的な革製品と違い、ミンクオイル等での定期的なメンテナンスはほとんど必要ありません。手で触り、よくお使いいただく事で馴染みが良くなり、風合いが増します。

ユリシーズ製品について | ULYSSES


とありますのでオイルは塗る必要はなかった様ですが、3年間、1ヶ月に一回程度乾拭き+両面にオイルを塗っていました(汗)。

塗っていたオイルはコロニルのシュプリームクリームデラックスです。

 

 土屋鞄のHPで推奨されていて知ったオイルです。

www.tsuchiya-kaban.jp



OM-D E-M1 markⅡ用に「クラシコ・グランデ/オリーブ」を購入

兄貴カメラPEN mini E-PM2が「クラシコ」でユリシーズの品質の高さに十分満足させて頂き、お世話になったので、今回弟分のOM-D E-M1 markⅡもユリシーズで行きたいと思っていました。

 

他メーカーのハンドストラップ等も検討しましたが、まだ私の子供が小さいこともあり、しばらくの間は両手がフリーにならなければならないので今回もネックストラップにしました。

カメラとレンズの重量が重くなった為、幅広の「クラシコ・グランデ」にしました。
色は本体がブラックで威圧感が出るので、それを和らげる為に柔らかい色づかいのオリーブに。

f:id:dokusyokeibudono:20170410174145j:plain
OM-D E-M1 markⅡには「クラシコ・グランデ/オリーブ」。装着しているレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO。

 

 クラシコグランデ初代は2010年8月発売ですが、4年経ってマイナーチェンジを行い、さらに品質にこだわったフラグシップのストラップになったそうです。

ユリシーズのハイエンドストラップ「クラシコ・グランデ」が、発売4年で初となるフルリニューアル。「シンプルで上質」というコンセプトはそのままに、造形から縫製・仕上げに至るまで細部にわたって生まれ変わりました。
重量級の一眼レフでの使用に耐えるタフネスさと、素朴で美しいデザインを兼ね備えたフラッグシップに相応しい一本に仕上がっています。

 

ulysses.jp

f:id:dokusyokeibudono:20170411092513p:plain


f:id:dokusyokeibudono:20170411092712p:plain

ユリシーズHPより)

 


首当ての幅は「クラシコ」が17mm、「クラシコ・グランデ」が最大部で42mm

OM-D E-M1 markⅡはPROレンズと合わせてかなり重くなったので、首や肩の負担を少なくする為に首当て部が42mmと広い「クラシコ・グランデ」にしました。

首当ては最も太い部分で42㎜。ヘビー級の機材でもしっかりと支えつつ、首や肩に掛かる重量を効果的に分散します。
その一方で、数値上は極太と言ってもいいサイズでありながら、それを感じさせないなだらかな流線型にデザインされています。

 

3年間のエイジング

今回購入した新品と3年間使用したものの裏地の色を比較してみたのが下の写真です。

f:id:dokusyokeibudono:20170410174239j:plain

上:クラシコグランデの裏地(新品)
下:クラシコの裏地(3年使用)


裏地の素材は イタリアンレザーのヌメ革「ミネルバ」だそうです。
グランデ(上)の方が縫製のピッチが細かくなっていて、より耐久性が増していればいいですね。

今回比べてみてみるまで、こんなに色に深味が出ているとは気付きませんでした(汗)

 

革製品の「経年美化」を楽しんでいく

機能性の高いストラップもたくさんありますが、使うほどに味わいのでる高品質のレザーストラップは使い込んでいく楽しみがあります。

基本的に工業製品は経年劣化してしまうのが普通で、使いこむと「かっこいい」のか「汚い」のか微妙な線になっていきます。

その点レザー製品は「経年美化」になりやすい部類だと思いますので今後もカメラと一緒に大切に使って行きたいと思います。